メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

環境省

石綿患者4割「要介助」救済法施行後初の大型調査

 環境省が石綿健康被害救済法で認定した患者の療養生活などを把握するため、約1000人を対象にした初の大規模調査の結果が5日、公表された。4割近くが日常で「介助が必要」とし、9割は激しい運動をしなくても息切れがすると回答した。回答した患者の平均年齢は69.9歳で、1割強が50代以下。患者団体は施行から10年以上となった制度の拡充を求める。

 調査は同省が独立行政法人・環境再生保全機構に委託し、昨年7月現在の認定患者1006人と一部の遺族1…

この記事は有料記事です。

残り935文字(全文1154文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]