メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫干訴訟

漁協「踊らされた」 和解案、長崎は歓迎

 2010年に国に国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)の堤防開門を命じた福岡高裁は8年後、「開門しない」和解案を提示した。国営諫早湾干拓事業の開門を巡る訴訟で福岡高裁は5日、国の提案を支持する形で、開門しない代わりに漁業振興基金を設けることが「唯一の解決策」とした。漁業者側は強く反発し、先月26日に再開されたばかりの和解協議は早くも決裂状態となった。

 「納得できない」。福岡高裁確定判決の原告の一人で佐賀県太良町の漁師、平方宣清(のぶきよ)さん(65…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1055文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  2. 戦争の愚 風船爆弾に悔い 製造の経験を小説に
  3. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  4. 騒動 出川哲朗 イッテQ騒動に男気初対応、信頼貫く「頑張ってる」(スポニチ)
  5. 防衛省 自衛官定年延長へ 少子化で応募減 年内に決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです