メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫干訴訟

漁協「踊らされた」 和解案、長崎は歓迎

 2010年に国に国営諫早湾干拓事業(長崎県、諫干)の堤防開門を命じた福岡高裁は8年後、「開門しない」和解案を提示した。国営諫早湾干拓事業の開門を巡る訴訟で福岡高裁は5日、国の提案を支持する形で、開門しない代わりに漁業振興基金を設けることが「唯一の解決策」とした。漁業者側は強く反発し、先月26日に再開されたばかりの和解協議は早くも決裂状態となった。

 「納得できない」。福岡高裁確定判決の原告の一人で佐賀県太良町の漁師、平方宣清(のぶきよ)さん(65…

この記事は有料記事です。

残り830文字(全文1055文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]