メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

五輪へ高い意識芽生え

 野球の日本代表「侍ジャパン」はオーストラリア代表との強化試合を2連勝で終えた。年齢制限のないフル代表を初めて指揮した稲葉監督は、2020年東京五輪を見据えて若手も積極的に起用。主力級選手と若手のバランスを重視したメンバーで上々の結果を収め、「今回のチームを土台にやっていきたい」と手応えを深めた。

 4日の第2戦(京セラドーム大阪)では、2番に抜てきされた24歳の松本(日本ハム)が堅実な打撃を見せて2安打3打点。投手陣では五、六回…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 富山の教諭 部活指導で過労死認定
  4. 熱中症 3連休14人死亡 豪雨被災地、搬送多数
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]