メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

侍ジャパン

五輪へ高い意識芽生え

 野球の日本代表「侍ジャパン」はオーストラリア代表との強化試合を2連勝で終えた。年齢制限のないフル代表を初めて指揮した稲葉監督は、2020年東京五輪を見据えて若手も積極的に起用。主力級選手と若手のバランスを重視したメンバーで上々の結果を収め、「今回のチームを土台にやっていきたい」と手応えを深めた。

 4日の第2戦(京セラドーム大阪)では、2番に抜てきされた24歳の松本(日本ハム)が堅実な打撃を見せて2安打3打点。投手陣では五、六回…

この記事は有料記事です。

残り324文字(全文540文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホテル 「ヒルトン福岡」駐日キューバ大使の宿泊拒否
  2. 中央防災会議 南海トラフ前兆 M8級「半割れ」で要避難
  3. 決算予想 ライザップ赤字に グループ企業業績改善遅れで
  4. セクハラ防止ポスター 困り顔の男性をアップ 批判相次ぐ
  5. NHK紅白 サチモスなど7組初出場 TOKIO選ばれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです