メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

三浦 天紗子・評『されど愛しきお妻様』鈴木大介・著

不自由さを抱えた人とどうつきあっていくか

◆『されど愛しきお妻様 「大人の発達障害」の妻と「脳が壊れた」僕の18年間』鈴木大介・著(講談社/税別1400円)

 小室哲哉氏の引退会見で、にわかに注目を集めた「高次脳機能障害」。小室氏は、妻とコミュニケーションが成立しないつらさを訴えていたが、実際、人が変わったようになってしまう場合もあるという。高次脳機能障害には、大人の発達障害や軽度の認知症と共通する欠損がある。見た目からはわかりにくいため、夫婦間や家族間の関係に亀裂を生むこともある。

 41歳で脳梗塞(こうそく)に倒れ、高次脳機能障害から死にもの狂いで現場復帰を果たしたルポライターが…

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文916文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです