メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『珍品堂主人 増補新版』井伏鱒二・著

骨董は人格をものがたる 作家の自論と心情が見え隠れする

◆『珍品堂主人 増補新版』井伏鱒二・著(中公文庫/税別820円)

 今年は井伏鱒二生誕百二十年にあたるとのこと、この機に合わせて刊行された増補新版の文庫『珍品堂主人』が興趣に富んでいる。

 中編小説「珍品堂主人」は、骨董(こっとう)の真贋(しんがん)をめぐる泥くさい駆け引きを描いた作品で、『中央公論』1959年1月~9月号に連載、同年末、中央公論社から単行本が刊行された。60年には、さっそく豊田四郎監督の東宝作品として映画化(主演は森繁久彌、淡島千景)されている。私が初めて読んだのは、古書店で購入した函(はこ)入りの単行本だったのだが、これがみょうに胸がざわめく作品なのだ。

 珍品堂主人は五十七歳、戦前は教師だったが、趣味が高じて、といえば聞こえはいいが、ようするに惚れ込ん…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS クロちゃん、脳動脈瘤の手術成功「健康を維持しなきゃいけないと思いました!」
  2. 南アフリカ 航空機の車輪格納部から遺体 密入国か
  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念
  4. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  5. 「中村屋」が中華まんミュージアムを25日に開館 全国初

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです