メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SUNDAY LIBRARY

平松 洋子・評『珍品堂主人 増補新版』井伏鱒二・著

骨董は人格をものがたる 作家の自論と心情が見え隠れする

◆『珍品堂主人 増補新版』井伏鱒二・著(中公文庫/税別820円)

 今年は井伏鱒二生誕百二十年にあたるとのこと、この機に合わせて刊行された増補新版の文庫『珍品堂主人』が興趣に富んでいる。

 中編小説「珍品堂主人」は、骨董(こっとう)の真贋(しんがん)をめぐる泥くさい駆け引きを描いた作品で、『中央公論』1959年1月~9月号に連載、同年末、中央公論社から単行本が刊行された。60年には、さっそく豊田四郎監督の東宝作品として映画化(主演は森繁久彌、淡島千景)されている。私が初めて読んだのは、古書店で購入した函(はこ)入りの単行本だったのだが、これがみょうに胸がざわめく作品なのだ。

 珍品堂主人は五十七歳、戦前は教師だったが、趣味が高じて、といえば聞こえはいいが、ようするに惚れ込ん…

この記事は有料記事です。

残り1145文字(全文1510文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界遺産 光のアート、幻想的に 京都・下鴨神社
  2. 中央省庁 障害者雇用、水増しか 42年間 政府調査開始
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. 障害者雇用 2省、水増し認める 国交、総務 手帳ない職員も算入
  5. 愛知 少女の裸動画を拡散容疑 高校生ら14人書類送検 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです