メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

草加松原太鼓橋ロードレース

宿場町を駆け抜ける 4種目に3000人参加予定 11日 /埼玉

埼玉栄の市村朋樹選手(3年)=熊谷市の熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で昨年11月1日

 旧日光・奥州街道の草加宿を走る「第7回草加松原太鼓橋ロードレース大会」(草加市など主催、毎日新聞社後援)が11日行われる。「松並木」「仮装」などの計4種目に約3000人が参加を予定し、雨天決行。【木村健二】

 コースの発着点は市立草加小学校。「松並木」と「仮装」は午前9時にスタートし、松尾芭蕉も歩いた国指定名勝「おくのほそ道の風景地 草加松原」を走る10キロ。百代橋と矢立橋を渡り、綾瀬川に草加松原が絡んだ絶景を楽しめる。小学生らが宿場町の1・2キロを走る「草加宿」「親子」もあり、今回は電線の地中化工事に伴ってスタート地点が南へ100メートルずれ、これまでの反時計回りから時計回りに変更される。

 ランナーらをもてなそうと、この日は、草加駅東口のビルで営業する商店でつくる「アコス専門店会」が、ゼ…

この記事は有料記事です。

残り479文字(全文828文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
  3. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]