メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018知事選

課題の現場から/上 地域医療 「奥能登は将来の日本」 高齢者増、医師は不足 /石川

中橋毅医師(左)らの訪問診療を受ける蔵野静夫さん(中央)と妻の春美さん。合間には体調や暮らしぶりなどさまざまな話をする=石川県穴水町平野で、久木田照子撮影

人員確保へ県、講座や修学費貸与

 「この前、一緒に福井の温泉に行ったんです。3年ぶりかな。朝風呂も入って体が軟らかくなった」。今月1日、穴水町平野の民家。診療で訪れた公立穴水総合病院副院長の中橋毅医師(59)と看護師に、蔵野春美さん(65)が写真を見せてほほ笑んだ。夫の静夫さん(67)は3年前に山林作業中の事故で脊髄(せきずい)を損傷。雪が積もり外出が困難になる12~3月は同病院の訪問診療を利用する。

 和やかな雰囲気の中、静夫さんが「富山で新しい治療を受けてみたい」と相談すると、中橋医師は「まず電話…

この記事は有料記事です。

残り1044文字(全文1295文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ぼくりり、来年1月で活動終了へ「偶像に支配されちゃうことに耐えられない」
  2. 自民総裁選 進次郎氏、制止され早期表明断念
  3. 自民総裁選 「45%」割れる解釈 麻生氏「どこが善戦」
  4. 自民総裁選 カツカレー「食い逃げ」議員は? 安倍陣営
  5. 日本橋 百貨店、新館・改装続々 外国人接客きめ細かく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです