メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

阪神大震災

震災公文書、月内に整理完了 神戸市、8年かけ 行政、現場の動き伝え /兵庫

阪神大震災関連の文書ファイルの整理を進めてきた神戸都市問題研究所の杉本和夫・主任研究員=神戸市中央区花隈町で、栗田亨撮影

 神戸市が2010年度から進めてきた阪神大震災関連の公文書の整理作業が、今月で完了する見通しとなった。市の外郭団体の職員が段ボール箱約6400箱分もの資料を事業別に仕分けし、目録にまとめる作業をコツコツと続けてきた。避難所運営や震災時の国との連絡など、当時の行政や現場のリアルな動きがわかる貴重な資料が多く、市は約6割に当たる段ボール約3800箱分を歴史的資料として保存する考えだ。【栗田亨】

 対象資料は、震災があった1994年度から17年間の行政文書やフロッピーディスクなどの記録媒体に入っ…

この記事は有料記事です。

残り667文字(全文913文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  2. 愛媛県 養殖ブリの餌にチョコ 抗酸化、鮮やかな色保つ
  3. システム障害 札幌地下鉄で運行停止 乗客一時閉じ込めも
  4. 地方選 自民支援候補が相次いで敗北、党内に警戒感
  5. キユーピー マヨネーズの中身が流れ落ちやすい容器を投入

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです