メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

小さな星の懸け橋に

オリヒメがつなぐ/6 娘の成長、見守り続け /鳥取

 満ち欠けを繰り返す月を、病院の玄関からいつも二人で見つめる。傍らにいる我が子に「いつ出られるかな」と語りかけるのが日課になっていた。

 生まれつき心臓の持病を抱える県立皆生養護学校(米子市)小学部3年の加藤愛美(ことみ)さん(9)に、母玲子さん(42)は寄り添い続けてきた。生後5カ月の時から4、5回の手術を繰り返した一人娘。入院に付き添い、病院に寝泊まりすることもあった。命の危険が迫ったり、仲の良い子どもが亡くなるのを目の当たりにする中、「絶対に家に帰る」と信じて過ごした。

 愛美さんは3歳の冬に退院。以降、大きな手術や入院は避けられているが、今も鼻に酸素を送るチューブを付…

この記事は有料記事です。

残り444文字(全文733文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鍋に顔つけられた男性会見 加害者の社長に「罪をつぐなってほしい」
  2. 福島火災 7人目の遺体見つかる 子供4人含む一家か
  3. 九州豪雨 「今、流されている」 不明の女性電話で「さよなら」 夫は遺体で発見
  4. 福島火災 火の海、住民絶句 夫の携帯に「熱いよ」
  5. 日産会長逮捕 「日本人の陰謀」 仏経済紙が報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです