メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成をあるく

ミスターラグビー 快挙への道、駆けた日々 週2練習、外国人起用 /四国

 昭和天皇ご逝去で時代が平成に変わった2日後の1989(平成元)年1月10日、東京都港区の秩父宮ラグビー場。第41回全国社会人大会決勝で、25歳だった主将、平尾誠二(故人)が率いる神戸製鋼は東芝府中に23-9で勝ち、悲願の初優勝を果たす。背番号10のスタンドオフで出場したのが日本ラグビー協会の広報部長を務める藪木宏之(51)。今は亡き平尾と公私で行動を共にした。日本選手権7連覇の偉業を遂げ、ラグビー界を変えていく歴史が始まった。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  2. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  3. 猛吹雪「ホワイトアウト」で家見えず 自宅数十センチ手前で凍死 北海道当別町
  4. 0歳男児衰弱死で28歳母親逮捕 「ミルク買う金なくお湯」 双子の弟は一命取り留め
  5. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです