メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平成をあるく

ミスターラグビー 快挙への道、駆けた日々 週2練習、外国人起用 /四国

 昭和天皇ご逝去で時代が平成に変わった2日後の1989(平成元)年1月10日、東京都港区の秩父宮ラグビー場。第41回全国社会人大会決勝で、25歳だった主将、平尾誠二(故人)が率いる神戸製鋼は東芝府中に23-9で勝ち、悲願の初優勝を果たす。背番号10のスタンドオフで出場したのが日本ラグビー協会の広報部長を務める藪木宏之(51)。今は亡き平尾と公私で行動を共にした。日本選手権7連覇の偉業を遂げ、ラグビー界を変えていく歴史が始まった。

この記事は有料記事です。

残り2013文字(全文2229文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 検証 拷問「外でやれ」「静かにしろ」 皇太子批判の末 サウジ記者、総領事館で何が
  3. 自画撮り 裸画像要求 スマホ世代、抵抗感薄く 
  4. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  5. ルックバック平成・中部写真記者の足跡 平成5年、25年・式年遷宮 闇の中撮影、機材の進歩反映 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです