メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 試算 県経済効果253億円 5試合で推定観客数18万9000人 /大分

 大銀経済経営研究所は、大分市の大分銀行ドームで5試合があるラグビーワールドカップ(W杯)の経済波及効果が計253億円に上ると推計した。県の委託を受けて試算した。

 大分市では予選3試合と準々決勝2試合が予定され、ニュージーランド、オーストラリア、ウェールズ、フィジーといった強豪国が登場する。

 同研究所は、5試合の観客を計18万9000…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 最先端の電子顕微鏡が損傷 大阪大
  2. 東京湾 クジラ目撃情報 ゲートブリッジや葛西海浜公園で
  3. 堺・男性殺害 逮捕の姉、事件前に「練炭自殺」検索
  4. 商標法違反 「ジャニーズ」名称を無断使用 3人書類送検
  5. 大阪震度6弱 ブロック塀危険性 外部専門家が2度指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]