メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 試算 県経済効果253億円 5試合で推定観客数18万9000人 /大分

 大銀経済経営研究所は、大分市の大分銀行ドームで5試合があるラグビーワールドカップ(W杯)の経済波及効果が計253億円に上ると推計した。県の委託を受けて試算した。

 大分市では予選3試合と準々決勝2試合が予定され、ニュージーランド、オーストラリア、ウェールズ、フィジーといった強豪国が登場する。

 同研究所は、5試合の観客を計18万9000…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. 浦和が7度目の優勝 仙台降す サッカー天皇杯
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. ORICON NEWS 松本人志、“M-1暴言騒動”久保田と武智を叱責「勉強不足。上沼さんをわかっていない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです