メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ラグビーW杯

19年日本大会 試算 県経済効果253億円 5試合で推定観客数18万9000人 /大分

 大銀経済経営研究所は、大分市の大分銀行ドームで5試合があるラグビーワールドカップ(W杯)の経済波及効果が計253億円に上ると推計した。県の委託を受けて試算した。

 大分市では予選3試合と準々決勝2試合が予定され、ニュージーランド、オーストラリア、ウェールズ、フィジーといった強豪国が登場する。

 同研究所は、5試合の観客を計18万9000…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  3. 風疹 流行広がり患者数5倍超 「妊婦は外出避けて」
  4. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  5. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです