メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

雄弁なれど実はない=中村秀明

 <sui-setsu>

 ある映画で、経済や金融を動かす者にあてつけたジョークが登場した。

 心臓移植を待つ銀行家と医師との会話だ。

 医師は言った。「あなたに適合する心臓の提供者が見つかりましたよ。小学生の男の子です」。患者は「あまりに若い」と断った。

 何日か後、医師がやってきた。「今度は40歳代の働き盛りのファンドマネジャーです。どうしますか?」「だめだ、そんなハートのない心臓はごめんだ」

 また別の日。「70歳代の中央銀行首脳の心臓はどうです?」と医師が告げると、男は喜んだ。「それがいい…

この記事は有料記事です。

残り743文字(全文989文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セブン-イレブン 100円ビール発売中止
  2. 安倍首相 「自民亭」出席問題なし 投稿の西村氏は注意
  3. 質問なるほドリ 画像診断、がん見落としなぜ? 病院チェック態勢不備 医師連携不足も=回答・熊谷豪
  4. 眞子さま ブラジルへ出発 日本人移住110年で
  5. 男性死亡 尻に空気、死因は窒息 茨城県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]