メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

名護市長選 未解決の辺野古移設 基地押し付けが市民分断=佐藤敬一(那覇支局)

渡具知武豊氏の当選確実をテレビが報じ、厳しい表情を浮かべる稲嶺進氏。左は翁長雄志・沖縄県知事=沖縄県名護市で2月4日夜、津村豊和撮影

 2月4日の沖縄県名護市長選は、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設を進める安倍晋三政権が推した元市議の渡具知武豊氏(56)が、移設に反対する翁長雄志知事が支援した現職の稲嶺進氏(72)を破り、初当選した。稲嶺市政2期8年間、政府は反対の声を無視し続けて移設工事を強行し、市民の中に「もう工事は止められない」との「諦め」をつくり上げた。翁長氏は苦しい立場となり、政府は辺野古の海の埋め立てに向け工事を加速させるだろう。だが多くの沖縄県民は依然として移設に反対しており、今回の市長選をもって移設問題が解決に至るわけではない。

この記事は有料記事です。

残り1757文字(全文2027文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 覚醒剤 使用容疑で元うたのお兄さんを逮捕
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 自民党総裁選 小泉進次郎氏、石破氏を支持
  4. 自民党総裁選 安倍首相が連続3選 石破元幹事長破る
  5. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです