メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イチからオシえて

SDGs 教育現場で理解深める 問題意識の共有、連帯が大事 森本英香・環境事務次官

森本英香・環境省事務次官

SDGs(エスディージーズ)

 持続可能な社会を維持する上で、子供への教育に期待する意見は根強いが、有効な手段は見いだせていない。SDGsが環境教育に与える影響について、環境省の森本英香事務次官に聞いた。【聞き手・五十嵐和大】

 日本の環境問題は、戦後の激しい公害や自然破壊から始まった。しかし今は、私たちの生活そのものが環境を悪化させて深刻な問題を引き起こしていると言える。

 例えば地球温暖化。「二酸化炭素(CO2)を減らす」といっても、これまで通りの生活を営むとすると、C…

この記事は有料記事です。

残り360文字(全文596文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]