メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野鳥とともに

/12止 奄美群島(鹿児島県) 山海つながる固有種の楽園

世界中で奄美大島の森だけにすむキツツキ・オーストンオオアカゲラ=鹿児島県・奄美大島で、フリーカメラマン・尾上和久さん撮影

 奄美群島(鹿児島県)は、鹿児島市の南約400キロにある奄美大島や徳之島、沖永良部島、喜界島、与論島など八つの有人島とその属島から構成されています。これらの島は、ユーラシア大陸の東部にあった陸地が地殻変動や海水面の変化によって、約170万年前に隔離され、島となりました。そのため、大陸では絶滅した生き物が残ったり、長い年月の間に進化したりしたことから、島固有で希少な生き物が数多く生息しています。

 一番大きな奄美大島(約710平方キロ)では、耳と四肢が短く原始的な特徴を持つアマミノクロウサギや、…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文891文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  3. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  4. ORICON NEWS 2018年 今年の漢字は「災」に決まる  “平成最後”過去23年間分も紹介&解説
  5. ふるさと納税 印西市の返礼品、地酒除外なぜ? 神崎の酒蔵に委託、地場産認められず /千葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです