メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

野鳥とともに

/12止 奄美群島(鹿児島県) 山海つながる固有種の楽園

世界中で奄美大島の森だけにすむキツツキ・オーストンオオアカゲラ=鹿児島県・奄美大島で、フリーカメラマン・尾上和久さん撮影

 奄美群島(鹿児島県)は、鹿児島市の南約400キロにある奄美大島や徳之島、沖永良部島、喜界島、与論島など八つの有人島とその属島から構成されています。これらの島は、ユーラシア大陸の東部にあった陸地が地殻変動や海水面の変化によって、約170万年前に隔離され、島となりました。そのため、大陸では絶滅した生き物が残ったり、長い年月の間に進化したりしたことから、島固有で希少な生き物が数多く生息しています。

 一番大きな奄美大島(約710平方キロ)では、耳と四肢が短く原始的な特徴を持つアマミノクロウサギや、…

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文891文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. AV問題 元女優が目指す“抜け道ない”性病クリニック
  2. 裁判官ツイッター 不愉快な思い 遺族、処分求める
  3. 不適切投稿 「最高裁決定にがくぜん」岡口裁判官が会見
  4. 最高裁 ツイッター裁判官に戒告処分
  5. 観光 北アルプス新たに「黒部ルート」 24年に一般開放

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです