メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ブックウオッチング

『やさい畑』 柴野豊・編集長

「部数を増やして1年でも長く雑誌作りに携わっていきたい」と話す柴野豊さん=木村滋撮影

 (家の光協会・隔月3日発行、905円)

実験と工夫で楽しく栽培

 隔月刊の家庭菜園雑誌「やさい畑」。JAグループの家の光協会が、農家向けではなく、家庭用に野菜を作る人に向けて発行している。「雑誌ですから、できるだけ目新しいアイデアや企画をと、いつも考えています」と柴野豊編集長は話した。【井上志津】

 創刊は2002年3月。「当時は家庭菜園をテーマにした雑誌はまだなかったので、農業系出版社の強みを生かして創刊したようです」と柴野さん。とはいえ、主なターゲットは趣味で家庭用に野菜を作る人たちで農家ではないため、「新たな層を少しずつ開拓していきました」。当初は季刊だったが、売り上げ好調で09年から隔月刊になった。

 現在の特色はリアルなイラスト解説と栽培実験。前は基本的な栽培方法を中心に紹介していたが、「今は競合…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  2. 女の気持ち 反省 熊本県玉名市・立石史子(65歳)
  3. 「世界中の労働者の敵」ゴーン被告、リストラ断行の仏でも怒りの声
  4. 窃盗容疑でカーチェイスの男逮捕 愛知県警
  5. レーダー照射音公開へ、韓国側けん制「不正確な内容」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです