メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長寿県なぜ

/下 社会活動で健康維持 「相関関係」指摘

減塩給食を食べる草津市立渋川小の児童たちと、(右上は)減塩給食=いずれも滋賀県草津市で、菅知美撮影

 健康で自立して活動し、生活できる期間「健康寿命」を延ばすにはどうしたらよいのか。今回は、滋賀や長野で行われている研究や取り組みを通して、社会での行動や運動と長寿とのかかわりなどをみていく。【大島秀利】

 昨年7月、英医学誌「ランセット」に、東京大学医学系研究科の野村周平助教らが、2015年の健康寿命日本一は男女とも滋賀県で、2位が男女とも長野県と発表した。

 健康寿命には、介護保険制度の要介護度を基にしたものや、本人が健康であると自覚している期間を集計した…

この記事は有料記事です。

残り2589文字(全文2818文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅毒啓発へ漫画「コウノドリ」無料公開 講談社
  2. ORICON NEWS 南海キャンディーズが衝撃のコンビ不仲を初告白 『しくじり先生』復活
  3. ネット得票最多が“落選” 自民道連「組織票」 参院選候補選び
  4. 「やめて」と制止も被告止まらず 同乗の女性証言 東名あおり事故公判
  5. 東名事故誘発 あおり公判 「パトカーにも幅寄せ」検察指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです