メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしの明日

私の社会保障論 診療・介護 同時報酬改定=日本リハビリテーション振興会理事長・宮武剛

キーワードは「代替策」

 もう20年も前、介護保険を先駆けて導入したオランダやドイツを訪ねた際、行政官や研究者らが「substitution」(代替策)という言葉をしばしば使ったのを思い出す。

 高齢社会を迎え、キュア(治療)よりケア(介護)のニーズが急増し、ヒト・カネ・モノの投入を介護へ置き換える実践だった。

 日本でも2000年度に介護保険制度を施行し、時代のニーズに応えながら医療費の膨張を抑え込む試みが始…

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1098文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  2. サッカー 「半端ない」活躍を期待 日本代表・大迫選手 仰天プレーに絶叫、Tシャツ販売好調 /東京
  3. 特集ワイド 言葉は政治家の命なのに… 日本を覆う、むなしき「安倍語」
  4. 藤枝小4切りつけ 「いじめの復讐」 18歳容疑者説明
  5. 名人戦 佐藤、羽生の攻めを待つ 第6局・2日目

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]