メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

サッカー 攻めのツーバック、注目=斉藤雅春

 26年目のJリーグが始まった。第1節のセレッソ大阪-横浜マリノス戦を取材した同僚記者から電話があった。「これまでのJで、ツーバックを見たことありますか」

 「試合中に左右のサイドバック(SB)が攻め上がり、センターバック(CB)2人だけになることはあるけど」と答えたら「違うんです。マリノスは両SBが中に入ってしまい、最後尾は2人だけです」という。

 このやりとりがあったので、興味津々で次節の柏-横浜マ戦に出かけた。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文870文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  2. 北海道地震 「セイコーマート」95%が営業できた理由は
  3. 自民党総裁選 発言・論点をはぐらかす 識者が指摘する安倍首相「ご飯論法」の具体例
  4. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  5. 台風21号 大阪湾内6割超「走錨」か 連絡橋衝突船含め

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです