メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ピッチは広く

サッカー 攻めのツーバック、注目=斉藤雅春

 26年目のJリーグが始まった。第1節のセレッソ大阪-横浜マリノス戦を取材した同僚記者から電話があった。「これまでのJで、ツーバックを見たことありますか」

 「試合中に左右のサイドバック(SB)が攻め上がり、センターバック(CB)2人だけになることはあるけど」と答えたら「違うんです。マリノスは両SBが中に入ってしまい、最後尾は2人だけです」という。

 このやりとりがあったので、興味津々で次節の柏-横浜マ戦に出かけた。

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文870文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  2. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 1型糖尿病 障害年金を 支給求めて提訴へ
  5. サッカー日本代表 セネガル戦、速攻に要注意

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]