メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外ゴーン前会長の保釈認める 東京地裁 保証金5億円
ピッチは広く

サッカー 攻めのツーバック、注目=斉藤雅春

 26年目のJリーグが始まった。第1節のセレッソ大阪-横浜マリノス戦を取材した同僚記者から電話があった。「これまでのJで、ツーバックを見たことありますか」

 「試合中に左右のサイドバック(SB)が攻め上がり、センターバック(CB)2人だけになることはあるけど」と答えたら「違うんです。マリノスは両SBが中に入ってしまい、最後尾は2人だけです」という。

 このやりとりがあったので、興味津々で次節の柏-横浜マ戦に出かけた。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 偶然に導かれ「再会」切手から身元判明の平塚真澄さんの遺骨、遺族へ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. 新潟県知事、NGT起用を「保留」9月の国民文化祭契約

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです