メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

炎のなかへ

/100 アンディ・タケシの東京大空襲 石田衣良 望月ミネタロウ・画

三月九日(4)

 硬いトウモロコシが半分以上のご飯を噛(か)むあごに、タケシはぐっと力をこめた。これは身も心もよほど引き締めてかからなければ、父にも出征中の義雄伯父さんにも背くことになる。本気になって東京を攻める世界一の大国から家族を守らなければならないのだ。

 アメリカに日本と住む国は違うけれど、父と伯父さんはまったく同じことをタケシにいっていた。ただひとりのこの家の男子として、なにがあっても時田の家とその家族を守らなければいけない。それがおまえの仕事だ。頼んだぞ、タケシ。

 父は出征していないので現在もシアトルで貿易の仕事をしていることだろう。義雄伯父さんは中国の飛行場で…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文944文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです