メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

柔道

ジュニア国際大会出場 「良い部分出し勝ち進む」 名張高・今春卒、新井選手が抱負 /三重

 県立名張高校を今月卒業した新井涼平選手=津市=が、柔道のジュニア大会「ブレーメン国際大会」(20~30日、ドイツ)に出場する。同校の生徒が国際大会に出場するのは初めて。

 新井選手は友人の勧めで7歳から柔道を始めた。津市立久居中、名張高校で柔道部に所属。昨年は全国高校総体(福島県)の90キロ級個人戦に出場し、1957年の創部以来初の準優勝に輝いた。

 昨年9月に全日本柔道連盟から強化選手の指定を受け、12月には日本と韓国、ロシア、ドイツ計4カ国によ…

この記事は有料記事です。

残り352文字(全文577文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 統計不正 統計標語募集で「大喜利」状態 総務省職員は……
  2. 宇都宮ピークス 県内最高層マンション完成 /栃木
  3. マルクスの墓、また荒らされる 「憎悪の教え」落書き
  4. 心臓移植募金、ZOZO前沢氏呼びかけで目標額に 「おうちゃん」家族の思いは
  5. 官兵衛神社、今秋に建立 姫路・地鎮祭に氏子ら100人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです