メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

タグラグビー

和歌山工ラグビー部 タグ使い、プレーの魅力伝授 紀北支援学校高等部と和歌浦小で指導 /和歌山

和歌山工の元ラグビー部員の声援を受け、ボールを持って駆け出す紀北支援学校高等部の生徒(右から2人目)=和歌山市冬野の同校で、石川裕士撮影

 全国高校ラグビーフットボール大会に3大会連続23回出場している和歌山工ラグビー部が今年2月、和歌山市の県立紀北支援学校高等部と市立和歌浦小学校の授業で、タグラグビーの指導をした。これまでは、土曜日に市内の小学校で希望者向けに教えていた。和歌山工側には多くの児童・生徒にラグビーの魅力を伝えられるメリットがあり、学校側としても専門的な指導に触れられる貴重な機会となった。【石川裕士、木原真希】

 タグラグビーはボールを持ったプレーヤーにタックルする代わりにプレーヤーが腰に付けたタグ(帯)を取る…

この記事は有料記事です。

残り770文字(全文1016文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  2. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし
  3. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  4. 沖縄 翁長知事、辺野古埋め立て承認を撤回へ
  5. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]