メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

障害者ら不妊手術強制 県内23人、相談窓口設置 県議会で報告、知事「誠に遺憾」 /鳥取

 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されていた問題について県は7日、資料などに基づいた調査状況を明らかにした。県内では、術後に「県優生保護審査会」への手続きをした人を含め計23人が手術を受けたと推定されると報告。同日には、当事者や家族の相談に応じる窓口を県福祉保健課内に設置した。庁内ワーキンググループも設立し、資料収集や情報共有を急ぐ考えだ。

 開会中の県議会2月定例会で、長谷川稔議員(無所属)の一般質問に答える形で平井伸治知事が明らかにした…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文754文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]