メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

障害者ら不妊手術強制 県内23人、相談窓口設置 県議会で報告、知事「誠に遺憾」 /鳥取

 旧優生保護法下で障害者らが不妊手術を強制されていた問題について県は7日、資料などに基づいた調査状況を明らかにした。県内では、術後に「県優生保護審査会」への手続きをした人を含め計23人が手術を受けたと推定されると報告。同日には、当事者や家族の相談に応じる窓口を県福祉保健課内に設置した。庁内ワーキンググループも設立し、資料収集や情報共有を急ぐ考えだ。

 開会中の県議会2月定例会で、長谷川稔議員(無所属)の一般質問に答える形で平井伸治知事が明らかにした…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文754文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者不明 「皇太子命令取り違え、将軍が殺害で収拾」報道
  2. サウジ記者不明 アップルウオッチ通じ録音か トルコ紙
  3. プロ野球CS 広島が2年ぶり日本シリーズ出場 8回目
  4. ORICON NEWS 『この世界の(さらにいくつもの)片隅に』公開延期を発表 「制作に時間要する」19年中公開へ
  5. 「10・19」30年 旧川崎球場にファンら200人

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです