メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

同意なし手術108人 未成年は12人 県衛生年報 /徳島

 旧優生保護法(1948~96年)の下、知的、精神障害などを理由に本人の同意なく不妊手術を受けた人が県内にも108人いたことが、県の「衛生統計年報」で分かった。旧厚生省などの資料では、県内で391人が強制的に手術を受けていたことが判明していた。県の資料には年齢区分なども記され、12人が未成年という実態が浮き彫りになった。【松山文音】

 旧厚生省の資料や毎日新聞の調べでは、本人の同意のないまま優生手術を受けた人は同法施行期間中、全国で…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文797文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  3. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]