メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急連載・南北急接近

/上 制裁強化、細る経済

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が4月末に会う、という電撃発表(6日)のあった翌日--。記者の手元に1本の電話が入った。発信元は中国の国番号だった。

 「わが国に対する国際社会の制裁は非常に効いている」。電話の主はこう切り出した。「人民たちはこれまで我慢してきた。だが、制裁の影響があまりにも深刻なので、みんな将来への不安を露骨に語るようになった」。平壌から中国に出張しているこのビジネスマンは警戒する口調で首都住民の心情を伝え、「これ以上は話せない」と切った。

 核・弾道ミサイル実験の代償として、北朝鮮は国際社会から制裁を受ける。特に中国は北朝鮮労働者の査証更…

この記事は有料記事です。

残り660文字(全文967文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  3. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も
  4. 「ポスト安倍」 足場作り模索 「選挙考えれば本命」と進次郎氏への期待も
  5. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです