メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

木語

ハイブリッドな独裁=坂東賢治

 <moku-go>

 中国の説話を題材にした中島敦(あつし)の短編小説「山月記(さんげつき)」。詩人になる望みに破れて人食いトラに変身した男が、山中で科挙合格同期の旧友と出会い、いきさつを語る。

 多くの国語の教科書に採用されてきたから、覚えている方もおられよう。この旧友の肩書が「監察御史(ぎょし)」だった。皇帝直属で地方を巡察し、官吏の不正を暴く役目だ。

 辛亥(しんがい)革命で清朝を倒した孫文は欧米流の立法、行政、司法の三権分立だけでは中国の実情に適さ…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1017文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  2. まとメシ 寿司食べ放題店を潜入調査!寿司好きが満足できる、東京都内のおすすめ店を紹介!
  3. 千葉のホテル チャーシュー無許可製造 金属片混入で発覚
  4. カネテツ ウナギ高騰 本物そっくり「ほぼうなぎ」販売
  5. 男児熱射病死 救急要請遅れか マニュアル具体的指示なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]