メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

科学の森

「安い」「早い」小型衛星に脚光 情報産業の活用期待/宇宙ごみの懸念も

 安く短時間で開発できる超小型人工衛星の需要が世界で高まっている。狙った画像データなどを低コストで入手できることから、小型衛星を活用した新しい情報ビジネスを目指す宇宙ベンチャーも相次ぐ。小型衛星開発の最前線と課題を探った。【斎藤有香】

 ●重さ3キロ、手運び

 JR九州新幹線の鹿児島中央駅に1月、トランクを背負った東京大の研究員が降り立った。中身は東京から運んだ超小型人工衛星「たすき」(重さ約3キロ)。東京・秋葉原の電気街でも売っている市販品などで作られた。鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所へ運ばれ、宇宙航空研究開発機構(JAXA)が作った電柱サイズのロケット「SS520」5号機(長さ9・5メートル、直径52センチ、重さ2・6トン)で、2月3日に打ち上げられた。

 重さが100キロ以下の衛星は超小型衛星とされる。1トン超の大型衛星なら開発費は1基当たり数百億円で…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松本人志さん「お得意のからだを使って」発言 批判に開き直る? 局の姿勢に疑問の声
  2. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  3. ORICON NEWS NGT48も松本人志も救う? “地獄見た”指原莉乃の神がかった対応力
  4. ORICON NEWS 指原莉乃、松本人志の“問題発言”に反応「干されますように!!!」
  5. 技能実習生 愛知・青果卸、ベトナム人21人に「解雇」 支援者「不当」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです