メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

生きた脳内、光で観察 従来の1400倍明るく 理研が開発

生きたまま脳が発光しているマーモセット=理化学研究所提供

 <ピックアップ>

 生きた動物の脳内を光で観察できる新しい生物発光システムを開発したと、理化学研究所の宮脇敦史チームリーダーなどのグループが米科学誌サイエンスに発表した。マウスや、人間に近い小型霊長類のマーモセットで効果を確認したという。従来の発光システムの最大約1400倍の明るさがあり、脳の働きの解明に応用できるとしている。

 グループは「基質」と呼ばれる物質と、酵素が化学反応を起こして発光するホタルの発光システムに着目。脳…

この記事は有料記事です。

残り309文字(全文523文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  2. フィギュア テン選手刺殺で男2人拘束 容疑認める
  3. 懲戒処分 職員セクハラ、停職 生活保護受給女性6人に 江戸川区 /東京
  4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  5. 日本を立て直す!-イシバの底力- 国民と語り合いたい「アジア版NATO」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]