メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

PICKUP

インフル、遺伝子奪い増殖 感染した細胞から、新薬に期待 東大など発表

 <ピックアップ>

 インフルエンザウイルスは、遺伝子の一部が足りないと、感染した細胞から足りない遺伝子を奪って増えることが分かったと、東京大や京都大のチームが英科学誌に発表した。

 チームの河岡義裕・東大教授は「ウイルスの増え方が詳しく分かれば、新しい抗インフルエンザ薬の開発にも役立てられる」としている。

 インフルエンザウイルスの遺伝子は8本のリボ核酸(RNA)で構成され、増える時にはRNAを決まった位…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉並のアパートで女性刺傷 搬送後に死亡、男が逃走か
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  4. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  5. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです