メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

Jリーグ・ルヴァン杯 1次リーグ 浦和・興梠、エースの仕事 FC東京・久保、ほろ苦フル出場

浦和・興梠、エースの仕事

 存在感が際立っていた。浦和のFW興梠が2得点1アシストをマーク。「ちょっと(体に)違和感があった」と前半36分にはピッチから退いたが、点取り屋としての能力をいかんなく発揮した。

 わずか8分間でゴールも、ラストパスも演出した。前半9分に右サイドからのクロスを頭で合わせて先制。6分後には左サイドからクロスを上げてFW荻原の公式戦初得点をお膳立て。さらに2分後にはDFに囲まれながらも振り切ると、左足でゴールに蹴り込み「決められるところで決めたら楽になる」と満足していた。

 昨年11月の欧州遠征で約2年ぶりに日本代表に招集されながらも出場はなし。今季はリーグ戦2試合を終え…

この記事は有料記事です。

残り994文字(全文1291文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福岡県警 イオン来店ポイント詐取容疑、男逮捕
  2. 米ユダヤ系団体 ナチス帽着用でBTS非難
  3. 横浜女性刺傷 「金を取る目的だった」逮捕の71歳容疑者
  4. ライフスタイル [新年度の疑問]会社の経費で得たポイントやマイル、個人的に使うのアリなの?(GetNavi web)
  5. ANA 国内線の搭乗 「ステータス」から「番号」に変更

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです