メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

原爆症認定訴訟

逆転勝訴 80代姉妹、認定 「経過観察も要医療性」 名古屋高裁

 新基準で原爆症認定申請を却下された被爆者2人が国を相手に処分取り消しを求めた訴訟の控訴審判決で、名古屋高裁(藤山雅行裁判長)は7日、請求を棄却した1審・名古屋地裁判決を変更し、2人を原爆症と認めた。

 1審判決は2人の疾病を放射線の影響と認めたものの「積極的な治療行為を伴わない経過観察が必要な状態」で、認定の要件になる「要医療性」がないとしたが、高裁判決は経過観察も要医療性が認められると判断した。

 訴えていたのは、長崎市で被爆した山田初江さん(85)と妹の高井ツタヱさん(82)。山田さんは肺がん…

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文502文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  4. 青森4人死亡 被害者が飲酒とネット上で中傷 県警が否定
  5. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです