メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

eスポーツ

4人に3人は「知らない」 ネット観戦体験も5%に届かず

「東京ゲームショウ2017」で開催されたeスポーツイベントの様子

 対戦型のテレビゲームを「スポーツ」として扱う「eスポーツ」について、「知らない」と答えた人が74%に達したことが、約1万人を対象にしたフィールズ総研の2017年末の調査で明らかになった。

 調査は、フィールズ総研が17年12月7~21日にインターネットで実施した。余暇行動の実態や背景にある価値観などについて質問を設けて、人口比率に合わせた6~69歳の男女1万1642人から回答を得た。

 「eスポーツを知っているか」と質問したところ、「よく知っている」が3%、「何となく知っている」が15%、「言葉は知っていた」が8%で、残り74%が「よく分からない・知らない」だった。また「よく知っている」と「何となく知っている」と答えた層の割合で、男性20、30、40代は15%を超えたものの、女性の10~60代はいずれも5%に届かなかった。選手として参加した経験者はわずか0.4%。eスポーツをネットなどで観戦した経験がある人は4.9%だった。

 「eスポーツ」は、「エレクトロニック・スポーツ」の略。対戦型のテレビゲームを「スポーツ」とみなして、欧米を中心に普及しており、賞金やスポンサーで生計を立てるプロのゲーマーも存在している。

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  4. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  5. 豪雨 結婚指輪渡す約束、果たせず 広島・裏山崩れて

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]