メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民改憲本部

国民の権利制限を抑制、細田氏に一任

自民党憲法改正推進本部の全体会合であいさつする細田博之本部長(中央)=東京都千代田区の衆院第2議員会館で2018年3月7日、渡部直樹撮影

全体会合で緊急事態条項の創設について議論

 自民党憲法改正推進本部は7日、全体会合を開き、緊急事態条項の創設について議論した。推進本部役員は、2012年の党憲法改正草案より国民の権利制限を抑制した条文案を提示。首相に強い権限を認める12年草案を支持する意見も出て結論には至らなかったが、対応を一任された細田博之本部長は、権利制限を抑えた最終案を25日の党大会までにまとめる。

 全体会合では、(1)12年草案(2)12年草案の修正案(3)議員任期延長と緊急政令など緊急措置を認…

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文725文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 早見あかり、婚姻届を提出 お相手は30代前半の会社員の男性、7月に婚約会見
  2. 逮捕前のゴーン前会長、西川社長の更迭計画 米紙報道
  3. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  4. 革新機構、社長ら9取締役辞任へ 高額報酬で経産省と対立
  5. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです