メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茶臼山高原

スキー場ゲレンデなど斜面崩落、県道通行止め

 愛知県豊根村の茶臼山高原で6日未明、スキー場のゲレンデを含む斜面が崩落し、県道が通行止めとなった。愛知県警設楽署によるとけが人はいない。

     スキー場を運営する茶臼山高原協会理事長の伊藤実村長によると、崩落は高さ約25メートル、幅約80メートルに及ぶ。「崩落は1989年1月以来。5日夜の大雨が影響したのではないか」と話した。スキー場は18日まで営業予定で、崩落による休止はないという。【石塚誠】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
    2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
    3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
    4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
    5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです