メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茶臼山高原

スキー場ゲレンデなど斜面崩落、県道通行止め

 愛知県豊根村の茶臼山高原で6日未明、スキー場のゲレンデを含む斜面が崩落し、県道が通行止めとなった。愛知県警設楽署によるとけが人はいない。

     スキー場を運営する茶臼山高原協会理事長の伊藤実村長によると、崩落は高さ約25メートル、幅約80メートルに及ぶ。「崩落は1989年1月以来。5日夜の大雨が影響したのではないか」と話した。スキー場は18日まで営業予定で、崩落による休止はないという。【石塚誠】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. サッカー日本代表 大迫決勝ヘッド コロンビアを撃破
    2. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    3. 加計学園 地震やW杯日本戦、会見設定を疑問視
    4. 名人戦 持久戦模様の展開、羽生が封じる 第6局
    5. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]