メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラ

北朝鮮2選手、厳戒入村

選手村に到着した北朝鮮選手団=平昌選手村で2018年3月7日、長田舞子撮影

 冬季大会初出場となる北朝鮮のノルディックスキー距離の男子2選手が7日、平昌のパラリンピック村に入った。

     選手村の入り口には規制線が張られ、警察官が両脇に立つ物々しい雰囲気の中、警察車両に先導されたバスで会場に到着した。報道陣が詰めかけたが、2選手は記者の問いかけに答えることなく村内に入った。入村式は8日に行われる。

     北朝鮮は今回、国際パラリンピック委員会(IPC)の特別枠で出場する。韓国統一省によると今回派遣されるのは選手団20人と代表団4人の計24人。選手は11日と14日の距離2種目に出場予定。【長田舞子】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
    2. 伊方再稼働許可 「福島の事故忘れたか」被爆者ら怒り
    3. 新潮45休刊 「組織ぐるみ擁護に怒り」新潮社前でデモ
    4. 秋の味覚 毒キノコに注意を 大豊作の兆し
    5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国首脳ら

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです