メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平昌パラ

聖火、熱戦の舞台へ 地元が太鼓打ち鳴らし歓迎

アルペン競技会場のある旌善に入り、聖火を引き継ぐランナーたち=韓国・旌善で2018年3月7日、宮武祐希撮影

 【平昌・福島祥】平昌冬季パラリンピックは9日、当地の五輪スタジアムで開会式を行い、10日間の熱戦が幕を開ける。7日には競技会場の一つで韓国北東部の旌善(チョンソン)に聖火が到着。地元の住民らが太鼓やかねを打ち鳴らして聖火を歓迎した。聖火ランナーは「平昌、ファイティン(頑張れ)!」の掛け声で盛り上げた。

 旌善では、アルペンスキー競技などが予定されている。旌善選挙管理委員会で働く女性職員(26)は同僚と…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS RAG FAIR 奥村政佳が脱退「政治の道へと進む決心をしました」
  2. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  3. 「誠に申し訳ございません」辞職の堺市長 “維新の刺客”はね返した力強さ消え
  4. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです