メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鳥インフルエンザ

郷公園、対策「3」に引き上げ 12羽、簡易検査で陰性 /兵庫

 伊丹市で回収したカラスの死骸から高病原性鳥インフルエンザウイルスが検出された問題で、県立コウノトリの郷公園(豊岡市祥雲寺)は7日、「飼育下コウノトリ高病原性鳥インフルエンザ対策マニュアル」の対策段階を「通常段階」から「3」に引き上げた。これに伴い8日、オープンケージの飼育個体を、非公開エリア内の飼…

この記事は有料記事です。

残り214文字(全文364文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  3. サッカー日本代表 「増量と身長調整は失敗」西野監督
  4. 今週のあなたには帰る家がある 最終話 中谷美紀が“夫婦交換宣言”! 宿敵・木村多江と最後の戦い…
  5. 転落死 1歳児、3階出窓から? 大阪のマンション

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]