メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

変革

第6部 伊藤忠商事/6 「糸へん」から総合へ

人と車でごった返す大阪・船場地区=1966年撮影

 琵琶湖の東、滋賀県豊郷(とよさと)町の旧中山道沿いに、伊藤忠商事の始祖である近江商人の伊藤忠兵衛が暮らした商家が残る。築136年。玄関には忠兵衛の名前が記された大きなちょうちんがつるされ、帳場には古いそろばんや帳簿が置いてある。現在は記念館として公開されており、毎年、伊藤忠の新入社員や幹部ら数百人が研修に訪れる。

 三方よし--。「売り手よし」「買い手よし」「世間よし」を表す近江商人の精神だ。「単なる利益競争でな…

この記事は有料記事です。

残り948文字(全文1156文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. 新潮45 杉田水脈議員擁護の特集 批判は「見当はずれ」
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです