メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2018自民党総裁選

細田派、当選回数別に懇親会 若手の地方集票期待

 安倍晋三首相(自民党総裁)の出身派閥で党内最大勢力の細田派(94人)は8日夜、細田博之会長ら幹部と所属する衆院当選3回の議員との懇親会を東京都内で開いた。出席者によると、幹部が「政権を支える中枢として、しっかり汗をかいてほしい」と呼びかけたという。

 同派は、所属議員を当選回数ごとにわけた派閥幹部との会合を、この日を皮切りに4月9日まで計10回にわたって開く。9月の党総裁選での首相3選に向けて、地元での集票に力を入れるよう若手議員を引き締め、課題である地方票の確保につなげたい考…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社説 順天堂大も入試不正 言い訳の非常識さに驚く
  2. 米探査機 小惑星に「水」 米版はやぶさが観測
  3. 医療用麻薬乱用容疑、40代女性医師が死亡 仙台中央署が書類送検へ
  4. トランプ氏は「底なしピノキオ」 米紙、虚偽主張20回で認定
  5. 片山氏「100%開示」 収支報告訂正で 野党の追及に皮肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです