メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民党総裁選

細田派、当選回数別に懇親会 若手の地方集票期待

 安倍晋三首相(自民党総裁)の出身派閥で党内最大勢力の細田派(94人)は8日夜、細田博之会長ら幹部と所属する衆院当選3回の議員との懇親会を東京都内で開いた。出席者によると、幹部が「政権を支える中枢として、しっかり汗をかいてほしい」と呼びかけたという。

 同派は、所属議員を当選回数ごとにわけた派閥幹部との会合を、この日を皮切りに4月9日まで計10回にわたって開く。9月の党総裁選での首相3選に向けて、地元での集票に力を入れるよう若手議員を引き締め、課題である地方票の確保につなげたい考…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  2. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  3. 人生相談 不愉快な質問、かわせない=回答者・光浦靖子
  4. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  5. 下関 市教委に「二枚舌」批判 講演会の後援巡り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]