メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急連載・南北急接近

/中 日米連携、影響の恐れ

 「やっぱり圧力が効いている。だが韓国が前のめりにならないようにしないといけない」。韓国大統領府による4月末の南北首脳会談開催の発表から一夜明けた7日。安倍晋三首相は首相官邸で幹部らを前にそう告げた。

 米韓と協力し北朝鮮に対する圧力を強化してきた日本は、3カ国の連携が崩れることを警戒する。ただ、韓国が北朝鮮との融和に傾斜するのはある程度、織り込み済みだった。先月9日、韓国・平昌(ピョンチャン)での日韓首脳会談で首相が「ほほ笑み外交に目を奪われてはいけない」とクギを刺したが、文在寅(ムンジェイン)大統領は耳を貸さなかったためだ。

 一方で、米国との関係には神経をとがらせている。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1114文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国会前 「安倍政権退陣」デモ集会に8500人
  2. フィギュア P・チャンさんら哀悼 デニス・テンさん死亡
  3. フィギュア デニス・テンさん殺害される ソチ五輪銅
  4. 時代の風 豪雨当日の宴会や死刑「実況」 今やるべきはそれか?=中島京子・作家
  5. 名古屋・旧稲本楼 取り壊し 中村遊郭の面影、また姿消す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]