メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

緊急連載・南北急接近

/中 日米連携、影響の恐れ

 「やっぱり圧力が効いている。だが韓国が前のめりにならないようにしないといけない」。韓国大統領府による4月末の南北首脳会談開催の発表から一夜明けた7日。安倍晋三首相は首相官邸で幹部らを前にそう告げた。

 米韓と協力し北朝鮮に対する圧力を強化してきた日本は、3カ国の連携が崩れることを警戒する。ただ、韓国が北朝鮮との融和に傾斜するのはある程度、織り込み済みだった。先月9日、韓国・平昌(ピョンチャン)での日韓首脳会談で首相が「ほほ笑み外交に目を奪われてはいけない」とクギを刺したが、文在寅(ムンジェイン)大統領は耳を貸さなかったためだ。

 一方で、米国との関係には神経をとがらせている。

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1114文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  2. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  3. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  4. ORICON NEWS 福原愛さん、メディアへの惜しみない感謝 最後は報道陣と記念撮影
  5. 暴言 特別支援学級で女性教諭、生徒に「殺したろか」京都

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです