メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

複合機メーカー

苦戦 市場縮小 AI連携で付加価値も

オフィス向け複合機出荷額の推移

 複合機メーカーが事業立て直しを迫られている。先進国を中心に電子化やペーパーレス化が進み、オフィス向け複合機市場が縮小傾向となっているからだ。複合機事業の収益への依存度が高いリコーなどは、生き残りをかけた構造改革を進めている。一方、複合機に人工知能(AI)を連携させた付加価値の高いサービスを提供するなど、新事業に活路を見いだす動きもある。【古屋敷尚子】

 コピーやスキャンなどの機能を持つ複合機市場は、キヤノン、リコー、富士ゼロックス、コニカミノルタなど…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1390文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです