メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

複合機メーカー

苦戦 市場縮小 AI連携で付加価値も

オフィス向け複合機出荷額の推移

 複合機メーカーが事業立て直しを迫られている。先進国を中心に電子化やペーパーレス化が進み、オフィス向け複合機市場が縮小傾向となっているからだ。複合機事業の収益への依存度が高いリコーなどは、生き残りをかけた構造改革を進めている。一方、複合機に人工知能(AI)を連携させた付加価値の高いサービスを提供するなど、新事業に活路を見いだす動きもある。【古屋敷尚子】

 コピーやスキャンなどの機能を持つ複合機市場は、キヤノン、リコー、富士ゼロックス、コニカミノルタなど…

この記事は有料記事です。

残り1163文字(全文1390文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. プレミアム商品券「9月生まれまでの世帯対象に」 経済再生担当相
  3. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑
  4. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  5. ORICON NEWS 「オリンピックおじさん」死去 吉田沙保里さんや福原愛さん追悼 声援に感謝の言葉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです