メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GDP

1.6%増 景気先行きにリスク 半導体で弱含み 10~12月期

 内閣府が8日発表した2017年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)改定値は、物価変動を除いた実質で前期比0・4%増、この状況が1年続いた場合の年率換算で1・6%増となり、8四半期連続のプラス成長を確保した。ただ、景気拡大をけん引してきた半導体産業で弱含む動きが出ている。景気の先行きにリスクとなる恐れがある。

 世界半導体市場統計によると、17年の半導体市場は前年比プラス20%を超える伸びになったとみられる。…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文486文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  2. 大相撲秋場所 栃ノ心、横綱つり上げ破る 理事長も驚く
  3. 仙台・警官刺殺 容疑の大学生に「礼儀正しい子なぜ」の声
  4. 新潮45 最新号特集に批判拡大 「社内造反」に応援次々
  5. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです