メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと

市川英樹さん=田んぼアートに取り組む元原発作業員

愛知県豊田市出身。福島県いわき市四倉(よつくら)町に1人で暮らし、知り合いの農家や飲食店を手伝っている。

市川英樹(いちかわ・ひでき)さん(46)

 愛知県で溶接工など職を転々としていたが、金を稼ごうと福島第1原発の作業員になった。福島県の人の温かさにほれ込み、いわき市に移住。古代米など色の異なる稲で水田に絵柄を描く「田んぼアート」に取り組む。「福島に年間30万人を集めたい」と夢を描く。

 求職中だった2014年、ハローワークで「月給70万円以上」の条件で検索。目にとまったのが原発作業員だった。

 同年6月から大手ゼネコンの孫請けの作業員として、土壌を凍らせ地下水の流入を防ぐ「凍土遮水壁」の建設…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文693文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 世界の雑記帳 工場から液状チョコあふれ道路に、ドイツ西部で消防隊が緊急出動
  2. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
  3. 服のにおい女性に嗅がせた51歳男逮捕
  4. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
  5. デートDV 暴言や暴力…被害者は男子生徒、女子の倍以上

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです