メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南海トラフ巨大地震

高台事前移転申請ゼロ 重い負担、ハードル高く

事前の防災集団移転促進事業のイメージ

 南海トラフ巨大地震に備え、国が進めようとした防災集団移転促進事業(防集)が各地で頓挫している。一方、東日本大震災の被災地では、高台への住宅再建に向けて集団移転が大規模に実施されたが、震災から7年になろうとしている今でも完了していない地域がある。減災の有効な施策だが、事業のハードルは想定以上に高い。【金森崇之、池田知広】

この記事は有料記事です。

残り1982文字(全文2143文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共同通信世論調査 政権の豪雨対応「評価せず」62%
  2. 西日本豪雨 ペットは家族、一緒に 同伴避難所広がる
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. 選挙 狛江市長選 松原氏が初当選 「即戦力」アピール /東京
  5. カジノ法成立 ディーラー養成校盛況 専門家「成功せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]