メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「防災共通地図」に入力する被害状況を確認する道職員ら=旭川市の上川総合振興局で2018年2月22日、藤渕志保撮影

 地震や火山の噴火といった災害時に、被害状況を迅速に把握し、救助活動などに役立てようと、北海道は今年度、国土地理院の地図を基にした情報共有ツール「北海道防災共通地図」を作製した。インターネット上の共通地図に、自治体や警察、自衛隊などの情報を記載し一元化するシステムで、現場レベルでの連携が進むと期待されている。

この記事は有料記事です。

残り1214文字(全文1369文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛暑続く 熱中症注意 こうして予防、症状出たらこう対処
  2. リニア中央新幹線 「ブッポウソウ」消えリニア関連工事中断 中川村でJR東海 /長野
  3. 米朝 遺骨捜索再開で合意
  4. 京都 祇園祭 前祭の宵山迎え
  5. 西日本豪雨 公立小中高の32校、早期再開を断念

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]