メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再びつながる

東日本大震災7年/上 砂場に響く子どもの歓声

巨大な砂像が完成し、子どもたちの大きな歓声が響く砂場=福島市荒井の四季の里で、矢澤秀範撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 東京電力福島第1原発の事故により子どもたちが外遊びの場を奪われた日から、まもなく7年。砂場を整備して人と人をつなぎ直そうとする取り組みが、福島県で進んでいる。

 ●多様な遊びの原点

 砂まみれの子どもたちの歓声が響き渡る。スコップや底の抜けたバケツで砂山を作り、さまざまな器具を使って模様を描いていく。福島市郊外で昨年6月に開かれた「サンドアートフェスティバル」。2日間で約5500人が来場し、砂遊びや砂像アート制作を楽しむ子どもたちの笑顔があふれた。プロデュースしたNPO法人「福島SAND-STORY」の笠間浩幸理事長(同志社女子大教授)は「砂場はさまざまな遊びの原点。福島だからこそ、その重要性を誰よりも強く語ることができるし、語る必要がある」と力説する。

 爆発の直後、福島第1原発の近くからは16万人以上が避難を余儀なくされた。約1カ月後、文部科学省が発…

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2203文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 伊藤園 業界初、缶入り「とん汁」22日発売 豚肉なし
  2. ORICON NEWS 堺正章、沢田研二のドタキャン騒動に複雑「残念ですけど倍の力で…」
  3. ファミマ わさびが潜む「ロシアンルーレット」パン発売
  4. KYB 不正装置の建物名70件を公表
  5. 12階から自転車投げ落とす 殺人未遂容疑で男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです