メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

再びつながる

東日本大震災7年/上 砂場に響く子どもの歓声

巨大な砂像が完成し、子どもたちの大きな歓声が響く砂場=福島市荒井の四季の里で、矢澤秀範撮影

 <くらしナビ ライフスタイル>

 東京電力福島第1原発の事故により子どもたちが外遊びの場を奪われた日から、まもなく7年。砂場を整備して人と人をつなぎ直そうとする取り組みが、福島県で進んでいる。

 ●多様な遊びの原点

 砂まみれの子どもたちの歓声が響き渡る。スコップや底の抜けたバケツで砂山を作り、さまざまな器具を使って模様を描いていく。福島市郊外で昨年6月に開かれた「サンドアートフェスティバル」。2日間で約5500人が来場し、砂遊びや砂像アート制作を楽しむ子どもたちの笑顔があふれた。プロデュースしたNPO法人「福島SAND-STORY」の笠間浩幸理事長(同志社女子大教授)は「砂場はさまざまな遊びの原点。福島だからこそ、その重要性を誰よりも強く語ることができるし、語る必要がある」と力説する。

 爆発の直後、福島第1原発の近くからは16万人以上が避難を余儀なくされた。約1カ月後、文部科学省が発…

この記事は有料記事です。

残り1807文字(全文2203文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
  2. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]