メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲春場所

11日初日 6場所連続、稀勢休場 左胸完治せず

稀勢の里

 大相撲春場所(エディオンアリーナ大阪)で東横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)が休場することが8日、決まった。師匠の田子ノ浦親方(元前頭・隆の鶴)が朝稽古(げいこ)後に「左胸がなかなか完治しない。稽古も思うようにできない」と説明。師弟で7日夜に話し合い、8日朝に休場を決めたという。

 年6場所制になった1958年以降で最長となる7場所連続の貴乃花に次ぎ、武蔵丸らと並ぶ6場所連続休場となった稀勢の里。田子ノ浦親方は「こういう結果が続き、悔しさといらだちを持っている」と横綱の気持ちを代弁し、「横綱らしい、周りを納得させられ…

この記事は有料記事です。

残り389文字(全文648文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]