メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

25年万博

計画「良好」…調査団長、大阪・夢洲を視察

道頓堀周辺を視察する博覧会国際事務局(BIE)調査団のメンバーら=大阪市中央区で2018年3月8日午後7時7分、平川義之撮影

 政府が大阪誘致を目指す2025年国際博覧会(万博)の開催地決定に向け、来日中の博覧会国際事務局(BIE、本部・パリ)の調査団は8日、会場予定地の人工島・夢洲(ゆめしま)(大阪市此花区)を視察した。終了後の記者会見で調査団の崔在哲(チェジェチョル)団長(韓国・駐デンマーク大使)は「調査団の暫定的な考え方としては良好だ」と述べ、計画を評価していることを明らかにした。【念佛明奈】

 一行は大阪府咲洲(さきしま)庁舎の展望台から隣接する夢洲を望み、会場予定地で誘致関係者から説明を受…

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文766文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 仕事の現場 声優 野沢雅子さん 業界の先駆者 地位改善運動も
  2. コトバ解説 「海老」と「蝦」の違い
  3. WEB CARTOP ここまで課税するか! 多すぎる自動車関連の税金種類とその用途とは
  4. ORICON NEWS misonoの夫・Nosukeが闘病公表「精巣がんによる胚細胞腫瘍」
  5. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです