メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

洲本・高1死亡

少年を家裁移送「自傷行為止めた」と判断

 兵庫県洲本市で2016年12月、交際していた高校1年の女子生徒(当時16歳)の首を強く押さえつけ死亡させたとして、傷害致死罪に問われた当時高1で無職の少年(17)に対する裁判員裁判で、神戸地裁(川上宏裁判長)は9日、「生徒の自傷行為を止めようとしていた」と判断し、家裁に移送する決定をした。求刑は懲役5年以上10年以下の不定期刑だった。

 判決理由で、川上裁判長は、少年には更生の可能性があるとして、少年院送致などの保護処分が相当と述べた…

この記事は有料記事です。

残り288文字(全文507文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 訃報 松本龍さん67歳=元民主党衆院議員、元復興担当相
  3. バーバリー 売れ残り42億円分を焼却処分
  4. 北大 アイヌ首長遺骨を返還へ 写真残存者で初
  5. サッカー日本代表 監督に森保一氏就任へ 26日決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]