メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イスラエル

ポーランド法律に猛反発 ホロコースト関連で

 【ウィーン三木幸治】ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)に関するポーランドの法律について、イスラエルが猛反発している。法律は、ナチスの犯罪に「ポーランド国民が加担した、または責任があると公の場で非難」することを禁じるもの。だがイスラエル側は、ポーランド人が個別にホロコーストに関わった例があるとしており、「歴史の書き換えだ」(ネタニヤフ首相)と非難している。

 法律制定の背景には、ホロコーストを巡る「誤解を防ぎたい」というポーランド側の長年の思いがあった。

この記事は有料記事です。

残り476文字(全文712文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ハロウィーン 飼育員食べた?ピラニアの水槽に模型の骸骨
  2. 漫画で解説 児童ポルノは日本の恥の巻
  3. 元貴親方 「気持ちの高まり湧いてきた」公式サイトで近況語る(スポニチ)
  4. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  5. 児童買春 LINEで裸の動画拡散 容疑の14人家裁送致

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです